新築そっくりさん評判は?1300万円かけ評判のリフォームをした我が家。聞き込みから実際の工事までがんばりました(^ ^)v。1年2ヶ月の記録です。
管理人『さくりんこ』

さくりんこ

自宅を住友不動産の新築そっくりさんで改築しました。本当に新築そっくりになって嬉しいです♪

その際の記録を綴ってみました。

カウンター
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
《 広 告 》
--/--/-- --:-- スポンサー広告 TB(-) CM(-)

我が家が新築そっくりさんでリフォームを行ってから早10年近い月日が流れました。

当時は家全体を丸ごとリフォームしてしまうなんて、とても画期的であまり例がないことだったように思います。

そんなに全部を取り換えるくらいなら、新築のほうがいいのではないかという想いもよぎりました。


ですが、あれから10年、世の中はリノベーションブームです。

一戸建てに限らず、マンションなどわざわざ古い物件を購入して、自分の思い通りの間取りに変身させてしまうというリノベーションという新しい概念が定着しつつあります。


実際現在の住宅事情を考えると、地方はまだしも、都市部に行けばいくほど物件価格は上昇し、とても一般人では手の届かない価格帯になっています。

東京オリンピックまでは続くであろうと言われているこのマンションバブル。

私たちの住まいに対する感覚とはズレが生じているように思います。


そもそも住まいは快適に暮らしていくための箱であり、ツールのひとつだと思っています。

そこに便利さや快適さなどを加え、自分好みの空間に仕上げていくものです。


その空間の中身は家族であり・自分自身です。

その目的が果たせるのであれば、実際新築でも中古でも、リフォームでもリノベーションでも特にこだわらなければいいのではないかというのが持論です。


自分の稼ぎというものはだいたい目安がついていて、これから先も劇的に変わることもないでしょう。

いったい自分はその理想の快適空間の為にいくらのお金を落とせるのかということも、快適生活を続けていく上で大事な要素の一つになってくるでしょう。


リノベーションやリフォームの選択をされる、みなさん。

「良妻ではなく適妻」という言葉がありますが、住まいも「良い家」である前に「自分自身に適した家」を選択できると良いですね^^



スポンサーサイト
《 広 告 》
2017/07/06 16:23 住友不動産新築そっくりさん TB(-) CM(-)
広告
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。